マヌカハニーは、ニュージーランドのマヌカに受粉するミツバチによって作られます。 マヌカの花からとれた蜜に含まれる特別な成分と、ミツバチによってマヌカの花蜜を蜂蜜に変えるプロセスによって、マヌカハニーは強い抗菌作用がある蜂蜜になります。

蜂蜜は古くから様々な症状を治療するために使用されてきましたが、蜂蜜が天然の抗菌性を持っていることを研究者が発見したのは19世紀後半になってからでした。

蜂蜜はバクテリアから身を守る免疫能力があり、感染によって損傷した組織を修復できる、特殊な細胞の生成を促進するも効能もあります。また、蜂蜜には抗炎症作用があり、痛みや炎症をすばやく和らげることができます。

ほとんどの蜂蜜には殺菌力のある過酸化水素があるため、抗生物質が含まれていますが、マヌカハニーを含むいくつかのタイプには強い抗菌性を持つ他の成分も含まれています。

マヌカハニーの主要な抗菌成分はメチルグリオキサール(MG)です。MGはほとんどの種類の蜂蜜に含まれる化合物で、通常の蜂蜜には少量ですが、 マヌカの花蜜に高濃度のジヒドロキシアセントが含まれるため、マヌカハニーは高濃度のMGを保有しています。MGの濃度が高いほど抗生物質の効果が強くなるため、マヌカハニーは他のハチミツよりも抗菌性が100倍強力と言われています。

 

なぜマヌカハニーが特別なのか?

マヌカハニーには注目される健康効果があることが最も大きな理由です。アオテアのマヌカハニーは天然の抗酸化物質を含み、抗菌性やバクテリアから身を守る効能が期待できます。そのため、マヌカハニーは喉の痛みからお肌の傷を癒すまで、あらゆる治療に効果的です。

蜂蜜は、人間の健康に役立つと昔から認識されていたため、現在でも世界中の人々によって自然療法として広く使用されています。特にマヌカハニーは、すべての蜂蜜の中で最も強力な抗酸化作用と抗菌作用を持っているとして、注目を集めています。

マヌカハニーは数量限定で1年で少量しか採取することができません。マヌカの木は主にニュージーランドで育ち、毎年数週間(約2〜6週間)開花するだけなので、マヌカハニーを作る時間と量には限りがあります。さらに、毎年作られるマヌカハニーの量は、環境条件や花の蜜の量によっても影響を受ける可能性があります。

また、マヌカハニーは、スポーツや運動にも大きなメリットがあります。蜂蜜に含まれるブドウ糖はすぐに吸収されてすぐにエネルギーを供給しますが、果糖は時間の経過とともに吸収されて持続的にエネルギーを供給します。実際、マヌカハニーは、砂糖、スポーツゼリーやエネルギーバーよりも長期間、血糖値を維持することが証明されています。急激な血糖値の上昇による疲労感を避けたいアスリートにとっても有益です。

世界でトップランクのプロテニスプレーヤーの1人であるノバク・ジョコビッチは、かつて彼の著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で次のように書いています。

”皆さんを驚かせる事実かもしれませんが、私は毎日スプーン2杯のニュージーランド産のマヌカハニーを食べています。マヌカハニー(またはティーツリー)から作られる濃い色の蜂蜜は、通常のハチミツよりもさらに優れた抗菌性を持っていることが分かっています。

蜂蜜は砂糖ですが、人間の体には、果物や一部の野菜、蜂蜜に多く含まれる果糖は必要です。逆に加工されたショ糖、チョコレート、ソーダ、またはほとんどのエナジードリンクは必要ありません。こういった砂糖を瞬時に体に入れると、体の血糖値が一気に上がり、倦怠感を感じやすくなることが私は好きではありません。加工された砂糖を摂取すると、その感覚は30分しか持続しません。"

マヌカハニーはどのように摂取しますか?また、どの蜂蜜を摂取すればいいですか?

マヌカハニーにはさまざまな摂取方法があります。

  1. 健康のために、生の蜂蜜を小さじ1〜2杯毎日食べる。
  2. お気に入りのお茶や飲み物に混ぜて飲む。
  3. スムージーを自然に甘くするためにマヌカハニーを使用する。蜂蜜は砂糖のほぼ2倍甘いです。
  4. 油と酢と混ぜて、サラダドレッシングとして摂取する。
  5. 肌の健康を改善するための洗顔料として使用する。

マヌカハニーのラベルでMGとUMFの値によって、どのハチミツが最も適しているかを判断してください。

UMFとMGの違いは何ですか?

UMFとMGは、マヌカハニーに含まれるいくつかの生物活性化合物の濃度を示す指標です。生物活性化学物質は、皮膚に塗布したり、消化管で消化したりすると、感染から体を守り、皮膚の健康を改善し、消化を助けるという独自の特性があります。 UMFとMGは、2つの個別の評価システムです。 UMFは、Unique Manuka Factor(ユニーク・マヌカ・ファクター)を意味する頭字語で、高度な評価システムです。 UMFには、MGレベルの測定が組み込まれていますが、他の物質の評価基準も含まれています(ジヒドロキシアセトン、レプトスペリン)。 UMFは、マヌカハニーの品質と純度の指標です。MGはメチルグリオキサールの略で、マヌカハニーを特徴する天然成分です。MGは、メチグリオキサール含有量の尺度であり、品質の指標です。

UMFとMGのどちらが良いですか?

UMFはいくつかの評価を複合した高度な評価システムで、MGはよりシンプルな評価基準であり、MGの指標がそのままメチグリオキサール含有量を表しているので、どちらも信頼できる指標です。

評価の格付けの違いはなんですか?

UMFの等級付けは通常5-25です。UMF30のマヌカハニーもありますが、非常に稀です。MGの評価は2桁から2000の間です(2000を超えることはあまりありません)。アオテアの蜂蜜では、MG評価は[数値] +として表され、メチルグリオキサールの含有量が数値以上であることを示しています。UMFとMGOは異なる値で表示されますが、MGとUMFの値を比べることが出来ます。

以下がおおよその換算表です。

  • UMF 5 = MG85
  • UMF10 = MG265
  • UMF15 = MG515
  • UMF20 = MG835

どの値のマヌカハニーを選べば良いですか?

MGが高いほど抗菌活性が高くなります。日常的に使うのにはMG85、日々の健康強化にはMG265とMG515、効果をいち早く強く感じたい時はMG835をお勧めします。

アボカのマヌカハニーは、さまざまな化学メーカーのテストを経て、本物であることが証明されています。アボカはニュージーランドの北島にあるベイオブアイランズに蜂の巣箱を保有しており、アボカの蜂蜜は全てニュージーランドで製造され梱包されています。

マヌカハニーと通常のハニーの違いは何ですか?

通常の蜂蜜は滑らかで均一な色ですが、上記で説明したように、マヌカハニーはニュージーランド原産のマヌカの木から作られた蜂蜜であり、製品に応じて異なるMG評価がされている蜂蜜です。通常の蜂蜜に比べて、マヌカハニーの色は濃く、粘度が高いため広がりにくい蜂蜜です。マヌカハニーは甘くて美味しく、MGが高いほど独特の味わいと、色と濃さが増します。