アオテアの歴史

アオテアギフツの歴史は1979年、 アオテア グリーンストーン & シープスキンファクトリー(場所:タカニニ(オークランド近郊))の創業に始まります。創業者のピーター・ハンソンは、当時勤めていたパパクラにあるニュージーランド軍キャンプ地への通勤途中で通る、ある場所に興味を持ちました。その場所が売りに出されるやいなや、新しいチャレンジへと進む決心をしました。創業時の店舗は小さく、従業員も5人ばかりでしたが、ピーターは大きな志を持ち続けていました。

アオテア グリーンストーン & シープスキンファクトリーはすぐにオークランド市内、ロトルア、クライストチャーチ、クイーンズタウンへ事業を拡大していきました。ピーターとジョアンはこれらの場所で多くの時間を過ごす中で、ニュージーランド商品を販売できる質の高い店舗が必要であることに気づきました。そして1980年代これらの地にアオテア店舗がオープンし、当時 アオテアスーベニアーズナチュラリーニュージーランドの店舗名で営業していました。

1990年代、アオテア店舗はアシュバートンとオマラマへも進出しました。

2011年のクライストチャーチ地震により残念ながらクライストチャーチ市内で営業していた3店舗の閉店を余儀なくされましたが、新たな店舗地を求める機会にもなり、観光地として有名なテカポに店舗がオープンしました。そして2016年にはブリトマート店(オークランド3店舗目)、ダニーデン店がオープンしました。

長年に渡り、アオテアは観光業界のトレンドにブランドと企業構成を合わせ、現在全アオテア店舗の8店舗はアオテアギフツの店舗名で営業しています。

ピータとジョアン夫婦はいつも志を高く持ち、彼らの国であるニュージーランドをとても愛しています。その心は“ニュージーランドへ訪れる人々にニュージーランドの素晴らしい思い出を残したい”の1つです。35年以上に渡り、彼らは強固なチームを作り上げ、ビジネスとパッションに全てを注いできました。アオテアギフツは現在ピーターとジョアンの息子、リチャードとドナルド(ディレクター)によって運営され、ファミリービジネスとして創業当時の志が受け継がれています。現在も引き続きピーターとジョアンは現役でビジネスに関わっています。

コミュニティ & チャリティー:

アオテアはローカルコミュニティとも深い関りをもっています。過去数年、アオテアは下記スポーツ&コミュニティ活動のサポーターになりました。

  • キウイ・ファンデーション (Kiwi Foundation) - ノースランド (Northland)
  • サルベーション・アーミー・クリスマスアピール (Salvation Army Christmas Appeal) - ロトルア (Rotorua) (2016年)
  • キュアキッズ (Cure Kids) - オークランド (Auckland) (2016年)
  • ニュージーランド・チャイニーズ・チルドレン・ライティング・コンペティション (NZ Chinese Children’s Writing Competition) - オークランド (Auckland) (2016年)
  • ワイカト・ユニバーシティ・リサーチ・オン・ニュージーランド・ツーリズム・グラント (Waikato University Research on New Zealand Tourism Grant) (2015年)
  • スターシップ・チャリティー・ゴルフデー (Starship Charity Golf Day) - オークランド (Auckland) (2015年 - 2016年)

認定:

アオテアは国内外から下記の認定を受け、ニュージーランドのツーリズムリテールをリードしている会社です。

  • アオテアギフツ店舗では、ニュージーランド旅行業界のクオリティを保証するライセンス、クオールマーク(Qualmark)を取得しています。
  • ツーリズム・インダストリー・アオテアロア (Tourism Industry Aotearoa)承認された唯一のリテールカンパニーです。
  • 中国の公式ライセンス、アウトバウンド・ツアリズム・クオリティ・サービス・サティフィケーション(Outbound Tourism Quality Service Certification)を取得しています。
  • OTMA (アウトバウンド・ツアー・マネージャーズ・アソシエーション – マレーシア)より、アオテアはマレーシアからの訪問者にとって、信頼できる店舗であるとして承認されています。